安心・格安・おいしい水を配達。配送料、レンタルサーバー料も無料!
Header

災害時の備蓄保存水

災害時の飲料水確保、水道水の汚染

日本の水道水は、世界一安全・安心な水であると言われています。ですが、その安全な水が自然災害でとまってしまい、汚染されてしまうことも想定しなければいけません。特に、大人にとっては全く問題にならない程度の汚染であっても、乳幼児にとっては大きなダメージを与えてしまうということも多々あります。そういった意味で、特に乳幼児を育てているご家庭は防災対策としてもサーバーの水を日々活用しながら、常備しておくことが大切です。

一日に必要な水の量

人間が一日に必要とする水の量は約3リットルと言われています。備蓄飲料水は一般的に、応急給水が開始されるまでの3日分、つまり一人あたり約9リットルの水の保存が必要となります。仮に4人家族の場合であるなら、約36リットルの保存が望ましいとされています。しかし、市販のペットボトルを約36リットル分も用意するには賞味期限の定期的な確認・交換をしなければならないことや保管場所の確保などに困ることがあり、過去の災害の教訓からも意外に脆いという指摘もされています。

防災用備蓄保存水として

アクアマジックなら、12リットルボトルを3本置いておくだけで家族4人分の備蓄水になります。そして、宅配水なら絶えず家に水がストックされた状態になります。日常的に口にしている水が、意識せずとも備蓄水の役割も果たしてくれるということです。また、電気の供給が途絶えたとしても、常温になってはしまいますが、ウォーターサーバーから水を注ぐことは可能です。ライフラインが途絶えたときに備え、家族や自分の命を繋ぐ貴重な存在になること間違いなしです。
お手軽に宅配で水を手にすることができます。よって、結果的に市販のペットボトルを大量購入するよりも場所を取らず低コストで済みます。
宅配という利便性、味、安全性。全てを兼ね備えたのがアクアマジックです。アクアマジックなら常温であってもおいしい水を飲むことができ、防災用としても活躍します。

ミネラル水の宅配AQUAMAGICの無料お試しキャンペーン